読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の果ての育児と家事

34歳オタク主婦の2歳児育児と家事。

プラレールのガーター橋の良さが分からない

f:id:stein:20160821235047j:image

写真向かって左側の緑色のパーツをガーター橋というらしいのですが、これの良さが分からない。

そもそもガーター橋って何???

桁橋 - Wikipedia

Wikipedia読んでも分かったような分からないような。

この緑のガーター橋は先日購入した新幹線セットに入ってたんだけど、

プラレール J-20 ガーター橋 (2個入)

プラレール J-20 ガーター橋 (2個入)

 

 ↑こういう橋脚と一緒に入ってるならまだしもガーター橋単体で入ってたから尚更意味が分からない。平らなとこ走らせるパーツなら普通の青レールパーツでいいじゃん。

婿に「これ入ってた方が嬉しいの?」と聞いたら「嬉しい」と即答され、また、「平地なのに橋って意味が分からない」と言ったら「下は暗渠」と言われてなるほどそう解釈するのかとは思った。ググって出てきたYahoo!知恵袋にも「線路が河川や道路をまたぐイメージで」って書いてある。

他のサイトも見てみるとプラレールだけでなくてトミカの道路と組み合わせて小さい街作ってる人とかもいるのでそういう大規模工事前提パーツなのかなとも思った。しかしだとするとなかなかレベルが高い!!

でもやっぱり橋パーツをつけるなら橋脚と坂レール込みの方がいいんじゃないのかな〜〜(単に予算の問題なのか?)

橋脚と坂パーツもある場合は電車がレールを登っていく様子を見るのは楽しいけど、平地にベタリと置いてあるガーター橋を楽しめるほど私のプラレールレベルはまだ高くない。

ジャンル違いとはいえオタクの端くれなのでこの手のことを書くのは「家庭用ゲーム機全部ファミコンて呼ぶくらい細かな差異が分からない人」扱いになり恥ずかしいこととは思いますがそれでもやっぱりよく分からない。

俺たちのプラレール沼はまだ沈み始めたばかりだぜ。 

関連記事

stein.hatenablog.jp