世界の果ての育児と家事

オタク主婦の3歳児育児と家事。

実家片付け漫画「家族が片づけられない」にうなずきすぎて首がもげる

「家族が片づけられない」という実家片づけコミックエッセイを読んだらめちゃめちゃ良かったのでシェアさせていただきます。

めちゃめちゃ良かったって言っても誰が読んでもそう思うとは思わない。特に片づけが苦手な人がこれ読んで片づけしようって気になるかというとちょっと分からない。テクニックは載ってるけど。

ただ、私にとっては、ドンピシャのタイミングで似たようなことしてて似たような思考になった経緯が完璧に漫画化されていたので読んでいて興奮を抑え切れませんでした。「すげえ!分かる!!ちょう分かる!!」って思った。

 

家族が片づけられない (コミックエッセイの森)

家族が片づけられない (コミックエッセイの森)

 

 

こちらのサイト↓で最初の方は読めます。

matogrosso.jp

 

ちなみに私が現在、月イチで子連れ帰省して子供の面倒見てもらってる間に片付けてる実家の画像はこちらです(家族から公開許可とってます)

 

f:id:stein:20160802003525j:image

f:id:stein:20160802003314j:image

f:id:stein:20160802003547j:image

f:id:stein:20160802003613j:image

 

さて、この漫画のどこに一番感情移入&共感したかというと「頼まれてもいないのに自分の気が済まなくて片づけをやり始めて、その後、片づけというものは人生に向き合うことだって気付くところ」ですかね……。片づけと人生への姿勢についてはこんまりさんの本にも書いてあり片づけ界では常識なのかもしれませんが……。

f:id:stein:20160802005555p:image

f:id:stein:20160802005607p:image

(69,70ページより引用)

f:id:stein:20160802011228p:image

(137ページより引用)

 

心身を休めるために実家に行ったら片付いてなくて心身休まらんから片付けないといけないってところもほんと一緒。

同じように実家片づけに悩んでる人に読んでほしい。結局今の私と同じで「物理はどうにかできても心理はどうにもしがたい」ってところは解決してないんだけど……でも「やっぱそーだよね!!!!」って思えただけでも収穫だった。

第1章の片づけテクも「七つ道具の七つ目は『手』です」って言ってるところからして信頼出来る。演劇の大道具経験を活かして壁紙貼ったり柱補修したり、書店員経験を活かして本の扱いを説明したりでマジで参考になる。男友達の部屋片付けたときのエピソードも非常に面白い。

f:id:stein:20160802005744p:image

(125ページより引用)

片づけできてるかどうかが人の心を映し出しすぎている……。こう言うと上から目線になっちゃってそれも良くないんですけど。

私の場合「片づけられない実家を片づけてる間は、自分個人の問題から目を逸らし、自分が絶対的正義になったような心持ちになれる」というまた別の精神的問題が発生してることも明らかになってるので。

 

まー細かいことはいいや。普通に面白かったです。片づけに関して悩みがある人は読むとなんらかの気づきがあるのではないかと思います(最初と言ってること違う) 

 

(漫画の画像引用は著作権法で定められた引用の要件を満たしてるつもりでやってますがなんかあったらご連絡ください)

 

家族が片づけられない (コミックエッセイの森)

家族が片づけられない (コミックエッセイの森)

 

 

関連記事

 

stein.hatenablog.jp

 

私の実家片づけに関しては「#実家片付け」というハッシュタグをつけてTwitterで実況していて、下記ツイートの前後読むと大体追えます。また明日から一週間帰るので再開します。