世界の果ての育児と家事

オタク主婦の3歳児育児と家事。

2年生存した

f:id:stein:20160719223015j:image

そんなわけで息子は先日無事2歳になりました。いつもお世話になってる人もなってない人も全てのチルドレンにありがとう。

 

しかしそれにしても4月末辺りは自分が鬱々として死にたくなってたので、母子共に2年生存したという感じがします。子どもだけじゃなくて。

 

鬱々とした状態を抜け出せた理由は主に以下の3つです。

・婿の育児関与時間を増やした

・子ども乗せ電動自転車を買った

・ちゃんと寝るようにした

 

子ども乗せ電動自転車は最初ビビってたけどもう超最高ですね……もうないと生きていけない。行ったことない遠くの公園に行くのが楽しすぎる。

寝てなかったのは夜泣きとかではなく「ある程度子どもが育ったらすぐにでも働けるように今から勉強しておきたい」と思って勉強しようとして寝てなかった。これもう無理だから一旦完全にやめました。

 

婿の育児関与時間については「婿が平日帰宅時間を早めて歯磨きと風呂を担当する」「週末なるべく一緒に過ごす」これらを実行して私の精神面が激烈に改善されました。前も書いたけど別に婿が鬼婿ってわけじゃなくてただ私が「自分は専業主婦なんだから家事と育児全部やらなきゃ」って勝手に抱え込んで自滅しただけですからね。

しかし終電で帰ってくるのが常態になってた婿が20時台に帰ってきてくれるようになるとは思いませんでした。その分最近仕事がやばくなってるらしいんだけどそれならそれで「帰ってくるのは週3日だけでもいいよ?ただし早く帰ってこられない日は夕方いきなり言ってくるとかじゃなくて予め何曜日と何曜日とか決めてほしい」とか言ってるんだけどこの点今のところ何も言われず平日毎日早く帰ってくる。

その辺りは今後フレキシブルに運用を変えて対応していきたいと思います。わたし4月末より元気になったし。

私は管理職とかやったことないしこんなまともに人と付き合ったことないし、長期的視野で対人の諸々の運用を考えていかないといけない状況ちょっと楽しくなってきた。

この育児(と家事)ブログ読み返すとしょっちゅう「婿に頼る」ってことを書いては上手く頼れなくてあぼーんしてるので今度こそ上手くやりたいっていうか……まあ、日々アップデートが必要だよね。

 

そんな感じです。

 

ちなみに息子に関して特筆できるようなことは

・まだ大して喋れないけど焦っても仕方ない

・相変わらず便秘がちで困ってる

これくらいです。

 

それでは今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

関連記事

stein.hatenablog.jp

 去年の記事。

 

stein.hatenablog.jp

4月末〜5月頃の鬱々としてた頃の話。いやーもうほんと虐待より自分の精神のほうがやばかった。結局育児ノイローゼじゃなくて「今現在自力で現金収入を得ていない」ってことが一番の憂鬱の原因なんで考えると常に気分が落ち込むけどあーもー考えても仕方ない仕方ない。もうこの話終わり。ちなみにお小遣いはちゃんともらってる。けど自分でも稼げてる方がいいに決まってるじゃん。あ〜空から親方と女の子と6億降ってくればいいのに〜。