読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の果ての育児と家事

34歳オタク主婦の2歳児育児と家事。

人語を解する前の子への対応がTwitterのクソリプ対応に似ている

保護者サイド 育児し始めて分かったこと

私は普段怒ることが滅多になく、これまでの1年半ほどの育児でも怒ったことが2回くらいしかない。Twitterとかではよく吠えてるけど現実世界では怒らない(ネット弁慶か)

婿も怒らない人なので結婚生活6年で喧嘩は2回くらいしか発生していないし怒鳴り合いの喧嘩なんて全くしたことない。

婿とは喧嘩になんてなる前になんかあったら話し合いが発生し、ほとんどの場合婿は圧倒的正論を言う。で、私も「まあそれはそうだ」と納得し自分の行動を是正するべく頑張ることになる。私も婿の行動でなんか嫌なところがあったらきちんと言うようにしているし、「婿も嫌なことあったらちゃんと言ってね」と折に触れ伝えている。

でも婿の行動で嫌なところなんてほとんど無い。これまでの結婚生活で婿に提言したことなんて「お手洗いのフタ終わったらちゃんと閉めて」くらいしか覚えていない(しかも引っ越したらフタが勝手に閉まるお手洗いになってしまった)

 

育児から話が逸れました。

 

婿に対して怒らないのは「婿の言うことは大抵間違いない」と思っており婿の知識、知性、論理的思考への敬愛の念がまず存在するからだが*1息子に対しては違う(違うのは当然だが……*2

 

息子に対して怒らないのは「まだ喋れもしない子供だから言ったって分かんねーだろ」という諦念が先に立つからである。

 

最近は「おいでー」と言えば来る時は来るし、風呂上がりにあごの下を拭きたい時は「上向いてー」と言えば上を向くようになったしまあそれなりにこっちの言ってること分かってくれてるのかな?と思わなくもない。

 

「喋れなくてもこっちの言ってること分かってきてるんだからあんまり目の前で変なこと言っちゃダメよ」みたいな話もよく聞くが、理解できてるなら食事中に牛乳が注がれてるコップを振り回そうとしないでくれよ!!!

 

ついにあの伝説の恐るべしイヤイヤ期が始まってしまったらしく食事中の癇癪にめちゃんこイライラさせられているが、そんなこんなで「まあ子供だしこんなもんだろ」と諦めていて怒りはしない。

 

でもそれって相手に失礼だよね。

 

という感じで半年くらいこの「言っても分かんないって諦めて対応するのって相手に失礼だよね」ってことをずっと悩んでいる。

 

1歳児に対して失礼とか思ってるのって、配偶者に対して敬愛っていうのと同様なんかあんま聞いたことないけど、年端のいかない子供であっても自分とは違う人格を持ち、独立した一人の人間として接したい。まーまだ人格なんて形成されきってない段階だろうけど。

 

本を見ると「そのうち分かってくれるから気長に言い聞かせ続けましょう」って書いてあるんだけどそのうちっていつやね〜〜ん言っても分かんない相手に気長に言い聞かせ続けるのディ・モールト疲れる〜〜〜〜〜〜。

 

そんで表題の話になりますがこの「言っても分からなさそうな相手に対応する」っていうのTwitterでクソリプが飛んできた時の対応に似てるなーと思いました。

Twitterでたまにすごい言いがかりみたいなリプライとか飛んで来る時あるじゃないっすか。私は何回か経験があって、人生でいっぺん言ってみたかったセリフ「お前がそう思うんならそうなんだろう、お前の中ではな」ってリプライを送り返したことがあります。実際にはもうちょっと丁寧な口調で返答しましたけど。

こういう時、相手がなんか話通じなさそうな人だって分かった時点で(プロフィール見ただけで分かる時もある)いくらか諦めて対応した方が良いと思っていて、まあそれもやっぱ相手には失礼なんだけど、人生は短いし子供も育ててるしブログも書きたいしミレニアムの新刊も読みたいし相手によってどれくらいの時間を割くか見極めた方がいいし、そもそもそういう相手ってこっちにも失礼なことしてる場合多いし、お互い様だよね。

まーでもそういう人も自分のこと話通じない人間だなんて思ってなくてその人はその人の価値観倫理観正義感で動いてて、話が通じない人間なのはお前の方だって感じに思われてるんだよね。きっと。ある程度の敬意を持って接するつもりではあるけれど、違う星の人に対してこっちの論理で怒っても仕方ない。

 

Twitterでそうやっていきなり違う星から話しかけてくるくらいの人なら実害が無さそうな限りは適当に流せばいいんだけど自分の子供となるとずっと適当に流すのも限度があるというか……一応「卵焼きのケチャップの上にコップ置かないでね〜」とか言うけど……これをあと幾星霜繰り返せば分かってくれるようになるのだ?

いや、そのうちね、多くの場合そのうち話が通じるようになるのは分かるんですよ。でも今ツラいんだよ〜〜うわ〜〜〜んていうか今から言い聞かせなくても、話が通じるようになってから言い聞かせればいいんじゃね??でもそれだと躾としては遅くなっちゃうの??やっぱずっと言い聞かせてないとダメなの?ていうか諦めて何も言わないのも息子に対して失礼だし(ループ)

 

そんなわけで久しぶりに育児の悩み吐露でした。すげー病気とかアレルギーとか無いから幸せな方の悩みだとは思います。

てゆうか私叱るとか私出来るのかな〜〜〜〜「怒らない」じゃなくて「叱れない」だけなのでは?って思わなくもない。は〜〜〜ほんと育児道は悩みが尽きません。

 

 

そういえば一番最初に滅多に怒らないって書いたけどよく考えたら産後里帰りで実家に帰った時はめっちゃイライラしてて毎日怒ってたわ。一時期はこの産後里帰りが終わったらもう2度と実家には帰らないって思ってた!

今思うとなんであんなにイライラしてたのか不思議だわ……婿と息子との三人暮らしにおいて同じ常時イライラ状態になってなくてよかった。

 

産後クライシスにもならず常時イライラ状態になってないのは婿のこと変わらず好きでいられてることが一番の要因でしょうね。

本題とは逸れますが婿も婿でちゃんと私のこと一人の人間として、パートナー、人生の伴侶として見てくれてるなって思える事象があって、婿は必要に応じて私に「これ読んどいて」とか「覚えておいて」と言って本とかサイトURLを教えてくれます。「こいつは何言っても無駄だ」じゃなくて「足りない分は教えるに値する」って尊敬してる人に思ってもらえていることが私は嬉しい。

関連記事

stein.hatenablog.com

産後里帰りでクソイライラしてた時の話。この記事「断捨離というのは『思い出の更新量』が多い人でないと辛い行為なのかもしれません」って我ながら上手いこと書けたって思ってたんだけどブックマークコメントで指摘された通り、写真がインパクト強すぎて文章の中身が吹っ飛ぶ結果になってしまい反省しきり。

 

stein.hatenablog.jp

前悩んでた時の話。

 

stein.hatenablog.jp

育児話に見せかけたノロケ話のようになってしまった記事。今回も?

*1:配偶者に対して敬愛という言葉を使うのはかなりイレギュラーだと思うが実際そういう風に思っているのだから仕方ない。婿は私の結婚相手であり恋人であり友達であり兄であり父親であり先生でありセフレでありペットであり神であり扶養者であり雇用者でありまあなんというか全方向から婿のことが好きなのでその気になれば婿のBL同人誌だって出せる。本人が嫌がるから出さないけど

*2:これ人によっては配偶者にも子供にも「なんで分かってくれないの!?」つって怒ってる人もいるかもしれないから当然じゃない人もいるのか……