読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の果ての育児と家事

34歳オタク主婦の2歳児育児と家事。

一時保育を通して自覚する我が子への執着

保護者サイド 日記 保育園

冷やし中華終わりました。

一時保育始めました。

 

さて、当方専業主婦につき、主に自宅と児童館で息子を育てていて保育園は利用しておりませんでしたが、先日一時保育の利用を開始しました(冷やし中華云々は「XXはじめました」で思いついて書いてみたくなっただけで別にうちは中華料理屋さんではありません)

 f:id:stein:20150909004100j:image

預けた後「れんらくちょう」に保育士さんが「ハイハイでいろんなところを探検していました」とか書いておいてくれて「うわあー、家族以外の人がこんなきちんと面倒見てくれるなんてなんだかすごく嬉しいなあ」と涙ぐんでしまいました。働いてる人はもう既に多くの人が通ってる道だと思うけど私は保育園童貞だったんで……初めてだから何もかも新鮮……。

 

でもそうやって感動した後に「自分の知らない息子の時間」が出来てしまったことに対し、なんか嫉妬とか独占欲みたいなのがフツフツと湧き上がってきてしまった。やばい。「こんな、れんらくちょうなんかに知った風にいろいろ書いて……あんたこの子のなんなのさ!この子の何を知ってるって言うのよ!」みたいな。

預ける時も、息子がなんかに気を取られてる隙にさりげなく保育士さんが遊び場に連れてってくれて「お母さん行かないでウワーン」みたいなの全然なかったし、元から人見知りしないタチだし、初一時保育の4時間、よく遊びよく食べたそうです。

 

卒乳の時といい本当に息子は親離れがスムーズなのだわ。

 

母はさみしい。

 

とか思ってるのやべーんだよなー!!!

 

1年近くべったり暮らしてると、こうも執着心とかが育ってきてしまうものなのかとそら恐ろしくなってきています。卒乳の時も予想以上に自分が寂しくて泣いてて、一緒に暮らし始めて1年弱でこれなのに5年とか10年とか経ったらどうなるんべさ。子を自分の所有物のように思い執着する母親が育っていく過程がほんのりと理解できてきました。

相手がまだ赤子なのに執着とか表現するのおかしいかもしれないんだけど、なるべく適度に距離を保ちたいんですよね……。子どものことしか考えないのやばそうだから。

 

関連記事 

stein.hatenablog.jp