読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の果ての育児と家事

34歳オタク主婦の2歳児育児と家事。

子育てママの夢を応援!総務課山口六平太!!

現在帰省中で、実家には大量に漫画があります。

で、オムツ替え後、エッチなシーン目当てで天智と天武を読んだらその後の「総務部総務課山口六平太」が、子育てママの夢を応援するような内容になっててちょっと嬉しくなりました。

簡潔に言うと「幼子を育てる母親が突然数学の研究者になりたいと言い出し、旦那は心良く応援してくれる」って、文章にまとめるとそんだけの話なんですけど。で、六平太が作った大日自動車の保育所を利用して、夫婦仲良く上手く子育てと仕事と夢を成り立たせていこうとする。*1

 

こんな言い方すると怒られると思うんですけど、ビッグコミックの読者層って「女は全員外に出ず家庭を守れって思ってるおっさん」が多いと考えてた*2ので、そうでもないのかなと認識を改めました。また、仮に想像通りそうだったのだとしても、そのふざけた幻想をブチ壊すためにこういった話を載せてくれたのだとしたら評価できる。

ここ数年いろいろな問題を目にしすぎて小学館の漫画編集にはあまり良い印象を抱いていなかったのですが、この最新号の六平太のおかげで悪くないじゃんと思いました。

 

でも後から「医者を見たら死神と思え」が載ってることに気づいてあぼーん(笑)やっぱりダメだな(笑)

でも「すばらしきかな人生」で無戸籍児の話やってて、問題周知に寄与してるのは良い。 

 

ビッグコミック 2015年 9/10 号 [雑誌]

ビッグコミック 2015年 9/10 号 [雑誌]

 

さっきも写真載せたけど子育てママの夢を応援する山口六平太が載ってるのはこちらのビッグコミック最新号です。

ただ、ちなみにこの話に出てくる夫婦は「おじさんのマンションをタダで借りてる」とか人によっては憤死しかねないチート設定なのでご注意ください……。ていうか大日自動車自体が大企業ですしね……。企業保育所……しゅごい……ていうか今時総務部総務課がある企業……しゅごい……ていうかただの保育所じゃなくて社宅兼保育所なんだよな……。

*1:この保育所設立のきっかけになったシングルファザーの話があるようなのだけどそれは読んでない

*2:兄弟誌のビッグコミックオリジナルには今「フイチン再見!」が載ってるし、そう考えるのはやや穿ち過ぎかなと思わなくもないですが。あと、女性のそういう話はさておき天智と天武は攻めすぎてておっさん層は楽しめてるのかどうなのかが気になる。実はおっさん向け雑誌じゃないのだろうか?読者のおたよりコーナーにはかわぐちかいじ先生の作品を超楽しみに読んでるアラサー女子が載ってるし、今回巻頭には「S-最後の警官-」の劇場版特集でムカイリさんとアヤノゴーさんの対談が載っている。天智と天武といい、新規顧客開拓の一環なんだろうか?