世界の果ての育児と家事

オタク主婦の3歳児育児と家事。

絵本感想3 まつおかたつひで「ぴょーん」

 

ぴょーん (はじめてのぼうけん (1))

ぴょーん (はじめてのぼうけん (1))

 

カーチャンが息子用に買ってくれた最初の絵本の内の一冊。

要はいろんな生き物がぴょーんって飛ぶ。そんだけの絵本なんですけどシンプル故に語り方次第で如何様にも変化する系の内容で、私が息子に読み聞かせる時は「ぴょんよよよよよよよよよ〜〜〜ん」ってジャンプ音をふざけて言ったり、絵本そのものを手で飛び跳ねさせたり、息子の顔に近づけたり離したりして遊びながらページを繰っていきます。読んでるこっちも楽しいし息子も楽しんでくれてるように思う。キャッキャッってなる。生後3ヶ月くらいからずっと読み聞かせてる絵本の内の一冊でもあるから慣れとかも影響してるのかもしれませんが。

生後3ヶ月とかまだ反応薄かった時期と比べると最近はほんと反応が大きくなってきたんで嬉しいですね。その反面、あんまり好きじゃない(と思われる)絵本に対しては反応が超シビア。食いつきが明らかに悪い。まあそういう好き嫌いが出てきたのも面白いです。

 

ネタバレになるから詳細書きませんがこの絵本はカタツムリの出てくるところと最後の跳び手が好きです。

最近いろんな絵本を読んでて思いますが、どんな絵本でも「まだ読んだことのない人に新鮮な驚きや楽しさを味わってほしいからネタバレしたくない」箇所が出てきてすげーなーと感じます。絵本侮ってました。すんません。

 

大抵どこの図書館にも赤ちゃん向け絵本として置いてあるようなので興味のある方は是非。大型絵本もあるようです。

ぴょーん (ポプラ社のよみきかせ大型絵本)

ぴょーん (ポプラ社のよみきかせ大型絵本)

 

 大型絵本も面白くていいっすよね……!!