読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の果ての育児と家事

34歳オタク主婦の2歳児育児と家事。

絵本感想2 穂村弘「あかにんじゃ」(+ブラスティラヴァ世界絵本原画展@足利市立美術館)

※これ5/24までの間違いでしたすいません

 

あかにんじゃ (えほんのぼうけん)

あかにんじゃ (えほんのぼうけん)

 

先述の絵本原画展で日本からの出展作の一つとして紹介されていて面白かったのでばあばにおねだりして買ってもらった。

この絵本は面白い!!!!流石の穂村弘。絵の木内先生は私は知らなかった。

ギャグは繰り返しが基本というセオリーを遺憾無く踏襲していて普通に笑える(最早子どものためと思って絵本を読んでいない)

以下引用。

あかにんじゃは まっかな にんじゃ。

ひみつの まきものを ねらって

おしろに しのびこんだけど、

まっかな すがたは とっても

めだってしまいます。

「くせものだー、であえ であえー」

赤くなきゃいいじゃん!!!!!

その後もおっさんが捕まりそうになるとことかすげー笑えるけどネタバレになるから伏せます。あ、あぶない!ドロンドローン。

絵もかなりパッキリした色遣いで見やすいし構図も面白い。一番最後の夜のシーンの絵も素敵。

 

それにしてもブラスティラヴァ世界絵本原画展、ラトビアだのイランだの韓国だのドイツだのイタリアだのいろんな国の絵本原画が見られてすげー良いのに足利市立美術館ほんとガラガラですげー勿体無いって思った。平日だから空いてるの仕方ないけどやっぱ休日も空いてるらしい。息子を連れてベビーカーでほぼ貸切状態で見られたのでこちらとしては助かりますが……。

なんでもかんでも東京って主張するの好きじゃないけどこれは都内でもやるべき展覧会だと思う……。みんな見に行って。

event.yomiuri.co.jp

足利の次は浦和で7〜8月に開催される模様。