読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の果ての育児と家事

34歳オタク主婦の2歳児育児と家事。

言語の発達について

今日は一ヶ月ぶりくらいに「だうだうだー」等口走るのを聞いた。

先月実家に一週間ほど帰省した際にも同じような声は聞いたのだが、東京の自宅に戻った途端に同じ声を発さなくなってしまっていたのである。

多分実家は定年退職した父も母もほとんど家にいてよく喋ってうるさい環境だからだと思う。東京の自宅では土日祝日以外婿は家におらず基本私と息子の2人きりなのでそこまで騒がしいことにはならない。

帰省時には有難く息子を世話してもらいながらも実家のうるささを疎ましく思っていたものだが言語の発達にはよい環境なのかもしれないと今は考えている。

ただ、友人にその旨話したところ「自分のことしか話さない家族だと主張できない子になる。適度に聞いてあげることも大事」と言われなるほどそれもそうかと思った。

 

聞いてあげる、と言えば赤子の喃語に対してすげー優しく「うん、うん、そうなのね、そう、そう、そうなのー」等の相槌で話を聞いてあげる女性がプロアマ問わず結構な数いるのだがあれはそういう確固たるメソッドが存在しているのだろうか。プロのやり口かと思いきやアマでもそっくり同じような聞き方をしている人が存在する。私も真似しようと思うのだがいつも気付くと相手の喃語の繰り返しをしてしまう。それはそれでいいのだとは思うが。