世界の果ての育児と家事

34歳オタク主婦の2歳児育児と家事。

歯が生えた

ついに恐れていた事態、萌出*1が発生してしまった。

恐れるというほどではなくもちろんめでたい事態なのだが……めんどくさいじゃん(親失格) 離乳食作って食わせるよりよほどめんどくさいですよ。だって歯が磨けてるかどうかなんて視認が難しいじゃないっすか。離乳食作るのも食わせて完食したかどうかも目で見て分かるけど歯磨きなんて……食べかすがないかどうかならまあまあ分かるけど……でもじゃあそういえば大きくなってからの「仕上げはおか〜あさ〜ん」ていうのは一体みんなどうやってやってるんだ。ていうかよく考えたら自分の歯磨きでさえ食べかす以外は視認なんてしにくいもんすね。でも自分の歯は舌でぺろぺろすれば歯垢がまだ残ってるか分かるけど赤子の歯は……ブツブツ。

 

まあ気付いてしまったものは仕方ない、というか気付けてよかったと思わないと。いつもストローで水飲ませてるけど今日はおちょこでコップ飲みの練習させてカチカチいってたからそれで気付けました。

 

早速就寝前の授乳時に濡らしたガーゼで歯を拭ってみたけど案の定嫌がられますよね。今までそんなことしたことなかったしね。せっかくお腹いっぱいでトロンとしてきて心地よかったところなのにね。ごめんね。でもいざガーゼ越しに触ってみると確かに歯の硬い感触が感じられてお母さんは嬉しかったです。

 

その後帰宅した婿に歯の写真を見せると小さすぎたせいか「これご飯粒じゃないの?」と言われました。んなわけねーだろ!!!

*1:歯科技工士やってた人に教えてもらった専門用語。