読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の果ての育児と家事

34歳オタク主婦の2歳児育児と家事。

風呂について

お世話

新生児期は感染症予防という明確な理由を聞かされていたので、御多分に洩れずベビーバスを使用していた。もらいもの。ベビーバスはほんとにマジで一ヶ月しか使わないのでプラスチックの衣装ケースで代用するのもアリだと思います。ただ、買っても大した値段しないし衣装ケースだとでかすぎる気もするのでスタイルに応じて考えても良いかと。我が家では風呂で沐浴させてたので風呂だと衣装ケースはちょっとでかすぎる。でもリビング等で沐浴させる人は衣装ケースもアリだと思います。水漏れとかしても責任取れませんが……。

沐浴時、自分の腕は2本しかないのに赤子の体を支えつつ洗うのが少し大変だったのでスキナベーブの導入も検討したけど結局導入しなかった。

 

一ヶ月以上経って一緒の浴槽に入ることになった時点で一層重みを増した息子の身体を洗うのに腰が痛くなり、バスチェアを買ったがこれはかなりのアタリだったように思う。バスチェアは風呂革命である。なんといっても一旦バスチェアに座らせて(寝かせて)しまえば、あとは落下しないように注意さえしていれば両手が自由になる。自分の体を洗うこともできるし、赤子の体を洗うのも容易。

そんなわけでバスチェアは生後2ヶ月目くらいの時期から現在(8ヶ月)までずっと使い続けている。最近肩幅が広くなってきたので寝かせた時ギチギチになってしまっている(つーか肩入りきってない……)のが悩みである。座らせればいいんだが座らせると股間が洗いにくくなる……。

 

それと、平日自分一人で息子を風呂に入れる際、風呂上がりに一旦息子を寝かす台としてフィッシャーブライスのチェアにタオルなどを敷いたものを使っている。本来の用途ではないのだが直接床に寝かせたくないのでこれはかなり便利。